児童ポルノ規制問題とアニメ・漫画

「規制大国」欧米の誤謬

性的指向(嗜好、性癖)と性犯罪は別物である。
例えば金銭欲があるからといって普通は銀行強盗などしない。
同様に、性欲がつねに犯罪を引き起こすわけではない。

また、子供に性犯罪を犯すのは子供性愛者とは限らない。
妻がいて子供もいる、一見子供性犯罪とは無縁に見えるような人が子供に対し性犯罪・性虐待を犯すこともしばしばある。

しかし、「規制大国」欧米は、性犯罪と性的指向(嗜好、性癖)を混同し、性犯罪・性虐待でなく、子供性愛という特定の指向そのものを問題視して叩き、子供性愛者以外が子供に性欲を向ける可能性から目をそむけている。問題をすり替えている。

対象の年齢というのは無数にある性的要素の一つに過ぎない。子供性愛とはその年齢を基準に振り分けた性向にすぎない。
性欲は子供性愛と成人性愛に二分できるような単純なものでなく、対象の年齢とは別の要素を背景に持つ、大人子供の区別を伴わない、対象が子供と大人にまたがるような性欲の形が無数にあり、通常成人を性的対象にする人間が子供に手を出すというのはなにも不思議なことではない。
実際1人の強姦犯による被害者女性の年齢が一桁から50代と多岐にわたっていたというケースは少なくないし、子供への性犯罪は身内の大人(父親や義父、内縁の夫、親戚)によるものが最も多い。

欧米はこうした現実を直視せず、ただ感情的に子供性愛を悪と断罪し、子供性愛者のバッシングに血道を上げるという見当違いのことをやっている。
その延長で行動をエスカレートさせ、実際の子供が介在しない、容姿が幼めに見えるなど子供に近い特徴を持った成人女性、アイテムやシチュエーションで子供を演出した成人や(現実の人間とは大きく容姿デザインの異なる)アニメのキャラクター表現など、もはや児童ポルノですらないものまで一方的に児童ポルノ認定し、バッシングを行い、規制している。ますますやることがずれていってしまっている。「アニメの規制になどうつつ抜かしてないで実際の犯罪をきちんと取り締まれ」と批判されて当然だ。


児童ポルノ規制は子供の性的搾取を防止するという観点で導入された。未成年者を性風俗産業で使役するのは倫理上問題がある、という点での国際的なコンセンサスはできている。
しかし、実際の子供が介在しないコンテンツまでを児童ポルノとして取り締まるということに合理的根拠は見いだせない。
彼らは風潮や性犯罪の助長を防ぐためと言うが、容姿が幼めに見えるなど子供に近い特徴を持った成人女性、アイテムやシチュエーションで未成年を演出した成人やアニメのキャラクター表現を取り締まることがそれらの目的に果たして合致すると言えるのか?

欧米や規制推進派らがターゲットとしている子供性愛とは、別のものに代替できない指向(嗜好)である。それゆえに子供性愛なのだ。
子供性愛者は、上記の代替物などには無関心である。代替物で代替できるならもうそれは子供性愛ではない。一方、彼らはポルノ非ポルノ、裸着衣は関係なく、子供そのものが興味の対象となる。児童ポルノ(それっぽいもの)を世の中から消せば子供性愛が制圧できるとするのは短絡的である。

一方、前述のように子供に性犯罪を犯す非子供性愛者は相手に子供・成人といった区別を設けない。彼らが主に情報を得ているのは一般の成人アダルトコンテンツであろう。(強力効果説の是非はさておきもしそれが有効であるとするなら)成人アダルトコンテンツにインスパイアされてその内容を子供に実践するということも十分に想定されうる。彼らが子供をターゲットにするのは、子供だと犯罪行為が発覚しにくい(性知識が乏しく猥褻行為をされているという自覚がない、脅すことにより容易に口封じができる、家庭を破壊してしまうという罪悪感につけ込める等の理由により)からであり、一部の規制勢力などが児童ポルノであると主張するコンテンツの存在は彼らの行動にさしたる影響など与えない。

容姿が幼めに見える成人女性の性を「子供の人権」を口実に抑圧することは子供の人権に何ら資することなくただの別の形の人権侵害にしかならない。アニメのキャラクター表現への弾圧もその愛好者たちに対する人権侵害である(幸福追求権等)。
また、アイテムやシチュエーションは文明によって後付けされたものであり、子供性愛の本質とは異なる。

 

リアルを志向したイラストやCG、子供のラブドールとなるとやや筋の違う話になって来るのかもしれない。実際それらは子供性愛者の欲求を高い水準で満たしているようだ。
もちろんそれで規制の対象とする理由にはならない。
それらを規制すれば、「創造物」つながりで成人女性、アイテムやシチュエーションで子供を演出した成人やアニメのキャラクター表現など児童ポルノと無関係なものまで極めて広範に規制の網をかけてしまいかねない。

また前述のように性的指向(嗜好、性癖)と性犯罪は別物である。
子供性愛者だとしても社会に害を与えないそうしたものでソフトランディングを図らせるのは理にかなっている。
よくわからない効果もはっきりしない医学精神療法とやらで性を抑圧すれば反動でどのような副作用が出るか分からない。

 

そもそも、犯罪や風潮の助長だのを持ち出すなら、未成年者が公共の場で姿を晒すのを禁止したり(それこそイスラムのブルカのように)、13歳以上の男子と未成年女子(18歳未満)が家族であっても同居するのを禁止するとか、まずはそういったことこそが真剣に検討されるべきだろう。